やり方それぞれ

 2017-02-22


トレーナーでもないのに、いつまでしつけの話するんじゃい!

と言われそうですが、散歩はこういうやり方をしているよ、という話です




使っている犬具は

トレポンティのハーネスと三メートルのロングリード



ハーネスか首輪か

どちらもやはりメリットデメリットあるので、いろんな論争がありますよね



ただし、一つ言わせほしい

ハーネスは犬ぞりのために開発されたから、引っ張り癖を誘発または助長させるっていう説

一見、なるほど!と思いますが

ちょっとよく考えてみてほしいです



そもそも、なんでハーネスを開発する必要があったのか?

首輪でそりを引かせることは教えられなかったから?

首輪をしていてもぐいぐい引っ張る子がいるので、可能ではあるはずです



ただ、首輪で犬に物を引かせると首に圧力がかかって身体的負担が非常に大きい

その点、ハーネスは体にかかる力を分散させて、且つ関節などの動きを妨げないので

犬にとって身体的にも精神的にもストレスが少ないです


20170221 9


つまり、ハーネスは犬の身体的負担を減らすために開発されたものです

引っ張り癖だのなんだのは、あとから勝手にこじつけただけにすぎません


この説が独り歩きしていて、首輪じゃないと犬のしつけはできないと言われているのが非常に遺憾です

(すみません、散歩中とある人に散々ハーネスをだめだしされてイライラしてます)



首輪だと、弱点である首をおさえているので、犬をコントロールしやすいのは確かだと思います




どちらをとるかはその人の考え方ですが、

犬に優しい方がいいと思ったのでRAKUTOはハーネス派です






そして、リードですが


フレキシブルタイプではなくて、普通の三メートルのリードです




冗談じゃなくて、本気です。手を抜かないでしつけをしようとしたらこれ使ってます
手を抜いてるときは、ロングリードじゃなくて一般的な120センチのリード使ってます

せっかくハーネスを使っているのだから、その利点を最大限に生かすには

リードにもある程度のゆとりが必要

ハーネスで関節の動きを妨げないようにしているのに、

リードで変な方向に力をかけて犬の身体バランスを崩していたら意味ないです





RAKUTOの理想は

犬にとって不快となる物理的な刺激による行動制限をして人にとって楽な散歩をすることではなく

互いにコミュニケーションをとりながら、折り合いをつけて散歩を楽しむ



犬との生活でなにを軸とするかは、人それぞれだと思うので

それに合ったしつけを選ぶといいと思います




このやり方を知るまで、さまざまサイトや本を読み漁った記憶がよみがえる(笑)






散歩は誰のためにするかと言ったら、第一に犬のためなんです

常に人の顔を見て歩調を合わせなさい、なんてきっとつまらない



匂い嗅ぎオッケー(時間的にあまり付き合えない時もあるから、「終わり」を覚えてもらう)

行きたいところも行ってオッケー(こっちにも行きたいところはあるから、意見が対立した時は話し合いましょうスタンス)

ただし、人間社会に混ざって生活する以上、守ることはちゃんと覚えてね




っていう、やり方です




とかなんとか言っておいて

20170221 10

めんどくさくて、最近は120センチの方を使ってました



短いリードのほうが、犬の動きを制限しやすいので人が思い通りに犬を動かせるんですよね

なので、人にとっては非常に楽です


ただ、制限しちゃうぶん犬の方はフラストレーションがたまって吠えたり、何かがきっかけで急に走ったり

俗にいう問題行動が表面化したりするので、やっぱりメリットデメリットあります





時間があるときはちゃんとやろう……


久遠はいつからやってたっけ?

と写真遡ったら、散歩デビュー一週間足らずでやってました



旺盛な好奇心を邪魔しないようにリードを常に緩めて

新しい刺激にワクワクしているのを見守り

20170221 1


一緒に落ち葉を追いかけ

20170221 3

20170221 4

20170221 2

もうとことん、付き合いましたね(笑)




その代わり、久遠にも守るべきルールを教えました



名前を呼んだらこちらを注目すること

20170221 6


おいでと言ったら来ること

20170221 7


それから

20170221 8

あと待てと言ったら止まる(これ写真がなかった)



これだけ覚えてたら、何かあってもとりあえず対処できるので


おやつと誉め言葉を駆使して強化して、

徐々に人や自転車、車など、あらゆる刺激物を慣らしていきました


今はこれで駅まで大通りを歩いて行けますよ☆

久遠は散歩に慣れ始めたヶ月くらいから車を追う反応を見せましたが

上にあげた基礎をそこそこ強化していたので、改善しやすかったです




っていうのを思い出してー、


永遠にそこまで丁寧にやったかな??

20170221 11

うちもそんな気がする……



久遠永遠で別々に時間をとるのが大変なことと、RAKUTOの体力的な問題でついつい手抜きしてました






これじゃ、いかん

ちゃんとやろう……





20170221 12


犬に優しくて人も楽しいしつけ


こういうやり方もあります



慣れないうちはちょーっとてこずるけど

犬が何を考えながら歩いているのかわかるようになるし

こういう時はこんな反応するんだって新たな発見も多いので

RAKUTO母もやりません?

実は母を勧誘するための文章(笑)



おわり♪

2匹いっぺんに行くと楽なんだけど

久遠永遠では体力が違うし

久遠はどんどん前へスタスタ行くのに対して、永遠はちょこまか右へ左と行ったりするので

互いに欲求が満たされなくて不満そう


できる限り散歩は別のほうが、平和です

色々と(笑)



なぜ急にこんなしつけの話ばかりしているかというと

永遠の興奮問題をどう改善するべきか、

改善するやり方は自分が最初定めた軸からブレていないか

確かめるためでもあります


フィードバック大事


犬学だけでなくて行動分析学とか心理学とか、そういうのも勉強したいなとちょっとかじり始めて

いったい私はどこを目指しているんだか……


全てRAKUTOの独学なので、あくまでも参考までに読んでください


よろしければぽちっとお願いします♪


いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪

スポンサーサイト
カテゴリ :ふぉーえばーず トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

意外と根深い食後の興奮問題

 2017-02-21

ゆるーいブログに戻る予定でしたが

またちょっとしつけの話を


いま、絶賛取り組み中の永遠の食後の興奮について


興奮させない

落ち着いて食事させる

食後落ち着くことを教える



具体的に何をやってるのか書くと長くなるので、ざっくりと書いたけど


興奮しないで落ち着くことを覚えましょう!


ってことで取り組んでいるわけです



昨日(2/19)は何とかうまくいったんですが、今日(2/20)はやらかしました……

食後落ち着かせるというのが足りなかったらしく、久遠に向かって行ってマジ喧嘩☆


もちろん速攻で永遠を捕獲しましたが、正気をなくすほど興奮していたのでやっぱり噛まれました


20170220 1




服の上からなので流血までには至ってないけど内出血……





20170220 2

大丈夫、大丈夫、ラリーの時も噛まれたことあるし慣れてる☆


まだ始めたばかりだし、こちらも試行錯誤しながらなので失敗はつきもの

ってことで全くへこたれません



というか、色々と収穫があったので、やった!とテンション上がってます(笑)

忘れないうちにメモメモ☆


噛まれた失敗は次にいかしていけばいいだけ ポジティブ



わかったこと

永遠は強く興奮した時、外部に当たる (おもちゃとか人の服とか)
 母なんかよく服の裾を噛まれて引っ張られているから心当たりありありではないだろうか

②外部に当たる対象の一つが久遠

久遠に対して興奮をぶつけることが習慣化されている

④よく久遠の尻尾を噛むが、遊びの時はきちんと加減しているのに対して

 興奮した際は久遠嫌というサインを読み取れていない
 
 結果久遠がキレてマジ喧嘩に発展



こうやって書くと、よく今まで流血沙汰なかったなぁと思います





捕獲した時、永遠さんは興奮による震えもありましたが

顔がビビってました(笑)




たぶん

今まで何度もやっていて、マジでキレたことなんてないのに

兄たんなんで怒るでちかー?

本気で向かってきて怖いでちー!!



ってことなんだろうな

久遠がキレて向かってきたのが怖くて

自分を守るために攻撃しようとした結果マジ喧嘩へと発展





根っからのビビりなんですよね…

そしてビビりゆえにちょっとした刺激で興奮してしまう


20170220 3


この子に驚かせる天罰方式や、


不快な思いをさせることで否応なしに人間の望む行動をとらせるような

嫌悪刺激によるしつけをしていたらと思うとぞっとします…




些細なことでびくびくとして人の様子を窺うようになるか

逆に興奮性を強めて攻撃的な子にしていたかのどちらかだと思います






20170220 4


永遠はなんだかいろいろと危ういから、

あまり興奮させない

怖い思いはさせない



のを心掛けてきたつもりなんだが、甘かったらしい





至らぬ飼い主で申し訳ない



と反省するのはここまでにして


これからどうするか、ですな







まず、必要以上に興奮させない

興奮させなければ問題となる行動が出ないわけなので、最も効果的☆


だけど、これが難しい……

犬のボディランゲージをよく観察しないと、興奮しそうなのか、そうじゃないのかわからないから


自分の子のことなので大体わかりますが、

RAKUTOが注意していてもほかの人がやらかしたら意味がない




このブログは母も読んでいるので、情報を共有するためちょっと細かく書いておきます



興奮すると尻尾があがる

くるくると周囲を回るような動きをする

飛び跳ねる

吠える


永遠は尻尾だけでなく顕著な行動も伴うから比較的わかりやすい

裏を返せばそれだけ、興奮しやすいってことなんでしょうけど(汗)



まったくビビりっ子め

20170220 14




それから、

遊んでるわけでもないのに尻尾があがっている、またはあがりかけているときは

些細な刺激で興奮するので静かに行動 これも気を付けていても難しい







しかし、どんなに気を付けていても、どうしても興奮させてしまうことはあります

ビビりだからちょっとの刺激に過敏に反応するし……

それと、遊ぶときはテンションが上がるのが当たり前なので


興奮しても落ち着く方法を教える


遊びか何かでテンションあげた後も必ずクールダウンを!



具体的にはお座りさせたり、伏せさせたり


(間違っても追いかけて無理やり捕まえるのはだめ!

久遠は抱きしめて止めるのは効果あるけど、永遠は逆効果になることがあるので

かならずおやつか何かで釣ること)



個人的におススメは伏せ



20170220 6


伏せの形に誘導して、おやつを与え続けること

興奮しているときは伏せをさせてもすぐに立ち上ったりするので、

また伏せをさせて根気強く落ち着くまで待つ



おやつをあげる間隔が長くなっても、伏せをし続けられるようになったら落ち着いてきたってことなので

様子を見て「よし」の合図とともに伏せを解除 

※「よし」の合図のあとも要おやつ
※伏せとよしのコマンド以外はしゃべらない。ほめる高いトーンも興奮させてしまう一因なので



よく大げさに高いトーンで褒めるのがいいというけど

高いトーンの声は興奮させます 

あと頭をつかんでわしゃわしゃ撫でる行為もね
褒めるときに合わせて使う人いるけど…

スポーツ(アジリティとかフリスビーとか)なんかでテンションあげる必要があるときならともかく

落ち着いた状態を維持した方が好ましい日常生活において

あえて興奮させる必要はないと思うので、RAKUTO母、そこ気を付けてください








そして、最後

永遠の興奮から生じる行動を久遠に向かわせないようにする


今日二人の遊びを観察していて、気づいたけど

遊びの時は、永遠久遠の尻尾を噛んでも

久遠
が嫌だといえば離しているんです


これ本当にびっくりした

20170220 7




尻尾って最も噛みやすい部位だからなんでしょうが、

興奮した時にも久遠の尻尾を噛むので

今までは、それが遊びなのか、興奮からくる行動なのか判断つかなかった……



なので、2人のやり取りを止めるということをあまりしなかったのですが

それが興奮を久遠にぶつけることを習慣化させてしまったと考えられます


これ猛反省……



久遠に悪いことした…

ここにくるまで流血沙汰になるようなことがなかったのは、久遠が耐えてくれていたからなんだろうな


ありがとう

20170220 8


今度からはきちんと間に入ります

難しいのは最初はちゃんと遊びだったのに、途中から永遠だけがヒートアップした場合です

判別付くかな……頑張ろう




んで、これまでの様子からもあわせて永遠久遠に対してぶつけやすいのは

①遊んでいて(散歩中も含む)疲れたころ

②散歩から帰ってきてテンション上がっているとき

③食後



食後の時だけやたら激しいのは

食べなきゃ死ぬっていう生理的な面と

食べ物に対して執着する性格によるところが原因だと思います



久遠今までは子犬だったから耐えてやったけど、これ以上は我慢ならん!!


って思ったんでしょうね

20170220 9


一喝したら、向かってきたからさぞかしびっくりしたんだろうなぁ

20170220 10


永遠が落ち着いた後、もう向かってこない?大丈夫?びっくりしたって顔してました





食後の興奮だけが問題かと思ったら結構根深い問題でした





日ごろの接し方から改めないといけませんね


20170220 12





まとめると

①できるだけ興奮させないように努める

②興奮しても落ち着く方法を教えてあげる

久遠永遠のやり取りは要観察。必要と判断したら迷わず介入してお互いにクールダウンさせてあげること。


それと、今まで通り社会化を行い怖いものを減らしていく




課題は山積みだけど、

こちらが意識して行動を変えるだけでストレス少なく楽しく過ごせるなら、そっちの方がいいよね

20170220 13





久遠永遠が怪我する前に気付けて良かったです






しっかし、ここまで書いて思ったけど

とんだ癇癪持ちの子供だなぁ(笑)


永遠さん、あんた面倒くさいです(笑)


20170220 15

まあ、永遠を望んで迎え入れたのはこちらなので、とことん付き合いましょう




なぜ1年経ってこんな問題が出てきたのかもようやく解明したし (たぶん合っていると思うが、別の理由も増えるかも)

幸先いいぜ☆ 超ポジティブ






自分のところのしつけ方法とか、課題とか

細かく公開することって、なんだか恥ずかしい

やり続けてみないとこの方法があってるのかわからないし、ただ無知をひけらかしてるだけな気がするから




でも、永遠みたいに感受性豊かな(豊かだから色々と喧しい(笑))反面、繊細で怖がりで、

ちょっとしたことで興奮して俗にいう攻撃性があらわれてしまう子もいるってことを知ってほしいです


噛んだり吠えたりすること=犬が上になろうとしている、反抗している

ではないんです




もし似たような子がいて困っていたら、少しでも参考になれば嬉しいかなーなんて思ったり



よろしければぽちっとお願いします♪


いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪

カテゴリ :永遠1歳 トラックバック(-) コメント(3)
タグ :

個人的なしつけ論

 2017-02-20


ちょいとまじめな話


ワンコのしつけって難しいですよね


噛み癖

吠え癖

イタズラ



いろいろと犬にとっては当たり前だけど

人間にとっては問題な行動に困っている飼い主さんも多いことだと思います





しつけ一つとっても、いろんな説が世の中にありふれているけれど


主従関係

リーダー論

アルファシンドローム



日本はまだまだ、犬は上下関係を築いて支配するっていう考えが根強いです


そんなわけだから、

しつけ用として使われる犬具って大体が犬に優しいとは言えない作り……



しつけ用の犬具で代表的なのはチョークチェーンですが

ガツンとショックを与えるあれ…


正しく使えば大丈夫

犬の首は丈夫だから

母犬は悪いことした子犬を叱るとき首を噛むから、それと同じ





まあ、さまざまな意見を聞きますが、本当にそうなのかな?


首はどの動物にとっても急所なのは変わりないはず

デリケートな部分なはず




そこにショックを与えられたら、そりゃあ効果はあるでしょう

即効性は確かにあるでしょう




人にとっては確かに優しい道具だとは思いますし、便利でしょうね


でも、そういう嫌悪刺激によるしつけって必要かな?

20170219 1

ワンコは言葉を持たないから、

人間みたいにはっきりと嫌だとか痛いとか言わないけれど



痛み強い動物で、恐ろしいほどに寛容だから

ショックを与えるしつけでもニコニコと許してくれるけれど

20170219 2

それに甘えていいのかな?



ボディランゲージ、カーミングシグナル

犬は体全体を使って、感情を伝えてます



人が思うより繊細な犬の言葉をよく観察して読み取って

どうしてあげたら正しい行動ができるのか、こちらが考えてあげてることは難しいのでしょうか?

20170219 3




問題行動の責任は犬じゃなくて人間

振り返ると起こしてしまったきっかけはこちらにあります



犬は自分で学習する環境は作れないから

問題となる行動を学習させない環境を作ってあげましょう



興奮は落ち着かせる方法を教えてあげましょう


怒って叱るより、正解の行動を導いてあげてほしいな


20170219 4

もちろん、犬にとってわかりやすいやり方でね



だから犬に何かを求める前に

こっちが犬という動物のことを勉強しよう

20170219 5

犬の首を支えてるのは、七つの頸椎のみで人間みたいに鎖骨がないこと

犬の皮膚は人間より薄くてデリケートなこと

どういうときが緊張しているのか、リラックスしているのか

興奮するのはどんな時なのか

よく取る行動には何か意味があるのか

20170219 6

自分の家族のためなら、勉強するのも苦じゃないはず!





どんなしつけ方法を選んでも

メリットデメリットはあると思います


何が正解とかないし、RAKUTOは別にトレーナーでも何でもないので

自分と犬にとって合った方法を選んだらいいとは思うけれど


トレーナーがこう言うから正しいとか

犬という生き物はこういうものだからこれがいいんだとか



決めつけて盲目的に信じてしまうのはどうなのかな?




一見人間にとっては都合のいいしつけ理論は

科学的に見たらどうなのよ??っていうのがあるので、

飛びつく前にメリットデメリットをきちんと調べておいても損はないと思います






でも、どうせしつけをするのなら、

犬にとって負担が少なく、人も楽しいものがいいなと個人的には思っています



こんなこと書いてるRAKUTOもまだまだ至らぬところばかり

あとあと振り返って後悔することも多々あります

20170219 23

だから、勉強するって大事



おわり♪

ちなみに先代コギにはチェーンチョークを使ってしつけをしたことがあります

なので非常に即効性の高い犬具ということはわかっています


でもね、ショックを与えるしつけって見てていい気分じゃないんですよ



ラリーは初めての犬だったので、しつけ教室なるものに行ったことがありますが
(嫌悪刺激によるしつけ)

人が大好きでニコニコしている子が、訓練士さんに触られて抱っこされた時

萎縮して緊張した顔をしていたことが忘れられません

当時小学生だったけど、これで訓練士さんに対して不信感持ちましたね






基本ゆるいブログなのにまじめな話をしちゃった

また次から通常運転に戻りまーす☆

(なお、タイトルにあるように、これはRAKUTOの個人的なしつけの考え方です

これが正しいと言ってるわけではありません)

よろしければぽちっとお願いします♪


いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪

カテゴリ :ふぉーえばーず トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

チンピラ再び

 2017-02-19
20170218 1

気が付けば、梅が咲いている


もうすぐ春かぁ……

ノミとかダニとかそういう類も出てきますね。あー嫌だ 虫が嫌いなので冬大好き人間



おひさしぶりです

インスタの方も停滞中ですが、元気です

20170218 2


色々と悶々考えてて、なんか気分が乗らなくてしばらくちょっとお休みしてました


悩み事は何一つ解決していないけれど、気分転換かねてブログ更新








さて、さっそく途中だったゼブラと行きたいところですが




その前に、最近のハイライトを



その①

首に内出血できるほど噛まれた

20170218 3

ちなみこれ、昨日の出来事(笑)


いやー、久々にここまで噛まれたわ



さすがにちと痛かったぞ、この野郎

20170218 4

はい、犯人は永遠さんです


普段はいろいろイタズラかます暴君だけど、実は久遠より従順な面があって

何をされようが噛まない子なんですが


20170218 5

夕食後の興奮がすごい


食べ物に対する執着が強いがゆえに、

まだご飯があるかもだから守らなきゃ!!という本能が働くのかな



食器を守る行為はしないけど、ご飯を探して歩き回り

そこに近づく久遠を攻撃するような面があったので、ご飯の時は隔離してるんですが





今回は歯磨きが終わっても興奮が収まらなかったらしく、


はいあとはお察しで写真のとおり噛まれました(笑)




食後に興奮しやすいのはわかってたのに、

興奮させて噛む行為を誘発させたのはRAKUTOの落ち度なので

まあ、そこはいいとして


これどうにかしないとなー




ごはん前から興奮して、

そのままのテンションでご飯をガツガツと丸呑みするように食べてるのが

さらに興奮を助長させてるのかな???


興奮しないで落ち着いて食事をするという習慣を教えてあげればいいのかしら????



………手ずから与えるか?


落ち着くまでハウスに入れておくというのも一つの手段だけど

それはそれでフラストレーションたまってガウガウしてるから、

別の悪い習慣をつけてしまっている気がしてならない ハウス=ガウガウする場所なんて学習させてしまってるんじゃなかろうか


やっぱり手ずから与えるか…?


しばらく試してみようと思います






その②


リビングとウッドデッキをつなぐ窓の

20170218 6
20170218 7

網戸が外された



20170218 8

そっかーやらかしちゃったかー

怪我してないならいいよ(軽い)



でもいったいなぜ外したの?

20170218 9

ああ…

だからバアン!なんてすごい音がしたのか



以上、最近のハイライトでした☆





♢ ♢ ♢



さてさて、ようやくゼブラの続きでーす☆

ここまで書いて長いから二つに分ければよかったと思ったけど
めんどくさいからこのまま一つの記事にしちゃいます



確か、一回目の集合写真を撮ったところで終わってたはず

20170218 10 498
しーくーはーママさん撮影



こちらはトライ組ー

20170218 11

なんだか仲良くきりっとしてた


20170218 12

と、もずくちゃんが文句を言い、とまとちゃんあきたところで



豪華景品をかけた、じゃんけん大会開幕☆


なんだけど、詳しい様子はこちら→

ちなみにRAKUTOはあえなく撃沈 チーン

20170218 13

ええ、開始一発目から負けました



20170218 14

じゃんけん激よわなRAKUTOです





そんな盛り上がった、じゃんけん大会が終わったところで


本日の主役はお帰りに…

20170218 34

またねー、またお会いできるのを楽しみにしてます



さて、ここからは

あっちこっちでごちゃごちゃいろんなことがあってまとまらないので



またまた便利な箇条書きー☆





その①

恋の駆け引きは難しい



かわいいかわいい、あんk……アンジュちゃーん♡

20170218 15

なんだかモチモチしたフォルムがキュートなアンジュちゃんが



めっちゃ怒ってた


20170218 16

迫力あるはずなのに、すごくかわいいと思ってしまう(笑)




アンジュちゃんに怒られてるのはでっかいイケワン代表

20170218 17

ジャイジャイ

超絶プレイボーイな彼はアンジュちゃんまで彼女にしてたんですが


なにやらご機嫌を損ねてしまったらしく超怒られてた(笑)

20170218 18

それでもへこたれない!

つよいぞ、ジャイジャイ!!




その②

チンピラと暴君




こちら、暴君の永遠さん

20170218 19

なにやら、微妙な顔してますが


実はビビりん子な暴君

20170218 20

たくさんの子がいて、あちらこちらとワンワン聞こえてくるこの状況にビビってた


そんな、永遠さんの後ろを

20170218 21


ついて回る小さい子が

20170218 22

20170218 23

めっちゃ後つけられてますなぁ



20170218 24

永遠が振り向いても気にしないとってもマイペースっ子

20170218 25

一体どれだけ気になる匂いだったのか(笑)



はい、こちらこそチンピラと名高い

20170218 26

はーちゃん♡




小さいけど大物なはーちゃんに暴君はたじたじでした

20170218 27

本当に何がそんなに気になったのだろうか?



その③

チンピラとヘタレっ子


やたらと永遠に構っていたはーちゃんですが

20170218 28
しーくーはーママさん撮影

気が付いたら久遠に標的を変えていた


前のゼブラの時も久遠に絡んでいたけど

20170218 29 498
しーくーはーママさん撮影


今回はしっかりばっちり絡んでました☆

20170218 30 498
しーくーはーママさん撮影

さすがチンピラ(ほめてる)



それを眺めていた永遠さん

20170218 31

あまりリスペクトはしないでほしいかな

はーちゃんの真似事されたら久遠の毛がこれ以上抜かれそうだ




その④

チンピラとお姉ちゃん


はーちゃんのお姉ちゃんと言えば

20170218 32

クーニィことくーちゃん♡



くーちゃん可愛いよー♡♡



そんな可愛いくーちゃんとチンピラなはーちゃんのこんな瞬間もありました

20170218 33

決着のほどはご想像に任せます☆



つづく♪


いつになったら終わるのか、それは書いてる方もわからない




おまけ☆

ココア君、かっこいいなぁ

20170218 35



よろしければぽちっとお願いします♪


いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪
カテゴリ :ドッグガーデンゼブラ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

いつになったら

 2017-01-24


おひさしぶりです


ゼブラの続きと行きたいところですが、写真の編集がめんどくさいちょっと閑話休題



インスタに載せた、この永遠のイタズラですが

20170123 1

木目調のシールが順調に剥がされて無残な姿になりつつあるドア……(泣)




これ以上はほんとやめていただきたい!







と言った数日後……


20170123 2

被害が拡大しました





もちろん、犯人は

20170123 4

わかってたよ!!ちくしょう!!!



そして、戦利品はこちらです

20170123 3

ウウッ…(泣)




この暴君め!!罰としてわしゃわしゃしてやる!!

20170123 5






このイタズラっ子、いつになったら落ち着くやら……


おまけ♪



ベッドとしての使い方は正しいと思うんだ


使い方はね

20170123 6


でもさぁ

20170123 7

寝にくくない? ぐしゃぐしゃに丸まってるし…



よろしければぽちっとお願いします♪


いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪
カテゴリ :永遠1歳 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫