FC2ブログ
ブログ紹介
ご訪問ありがとうございます


このブログの主役はこの方々

201755555.jpg


我が家にとって代目、代目となるワンコ
シェットランドシープドッグ久遠永遠の成長日記を兼ねたブログです

たまーに真面目なことを書いたりしますが、基本は緩い内容です(笑)




☆うちの子紹介☆


20175555555.jpg


久遠 (クオン)
2014107日生まれ セーブル&ホワイト
男の子(去勢済み)
10キロちょっとの標準サイズシェルティ(でもちょっと体高高め)
ボール大好き、サッカーL♡VEな体力底なしっ子
11年ぶりのパピーだったのでかなり過保護に育てた
ヘタレで慎重派だけど穏やかで優しい自慢の子
妹が増えてから何かと不憫な目にあってる




2017555555555.jpg


永遠 (トワ)
2015106日生まれ ブラック&ホワイト(バイブラック)
女の子(避妊済み)
体重5キロ台の小柄なシェルティ
正直こんなにちっこく育つとは思わなかった
壁紙剥がす、扉を齧る、久遠に理不尽なアタックを仕掛ける
やりたい放題末“暴君”というあだ名がついた
でも実はちょっとしたことでもパニックになりやすい、とっても繊細なビビりっ子



こんな2匹の日常をゆるっとふわっと綴っていきます


にほんブログ村

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

キャッチできないの

 2018-02-07


イバライドの途中ですが、また別の話を

決して、写真の編集がめんどくさいからじゃないよ






ボール大好きな暴君こと永遠さんですが

ボールキャッチがへたくそ


超が付くほどへたくそ




本人はめっちゃくちゃやる気なんですけど

20180207 1

気合十分



なんだか今日はいけそうな気がしてきたぞ!!





よし、ボールをよく見て取るんだよ!

20180207 2

そうそう、そうやってじっくり見て



キャーー……

20180207 4

……ッチならず

悔しがってるけど、全然口届いてないんだなこれが




よし、もういっちょ!!

ほいっ!!!

20180207 3

ナイススマッシュ☆


って、違くて

お嬢様、お嬢様、ボール取るどころか叩き落としてます


ある意味、めちゃくちゃ器用だけど、それ






三度目の正直ってことで、これが最後の挑戦ですぞ

20180207 5

暴君の底力見せるのだ!!



20180207 6


お、これは今度こそいけそうな気がするー♪



いけぇ!!

20180207 7

あ………






と、永遠さん

20180207 10

さーせん



20180207 11

ぱ、パフォーマンス性はあるよ?



20180207 8

すっかり戦意消失したようである



おまけ♪


でも、フリスビーはキャッチできたりしちゃう

フリスビーキャッチ


20180207 9

ほんと、何故ボールはキャッチできないんだろうか?




いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪
スポンサーサイト
カテゴリ :☆永遠 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

きょうだいしまい

 2018-02-05


イバライドのオフ会に行ってきたよー!

の続きです





写真を整理していたら

飛行犬ショットが結構あったのでこの際載せちゃう



まずは久遠

20180205 1

弾丸みたいだ


そして永遠さん

20180205 2

言うほどスーパージャンプじゃない



真のスーパージャンプはこれである

20180205 3

ハルくんかっこいいー!!





飛行犬じゃないかもだけど、クレアちゃんがぴょんぴょん跳ねてた

20180205 4

なぜクレアちゃんがここでジャンプしたのかは謎である(笑)

動きがおもしろかったー



ラッキーちゃんのかっこいい瞬間も撮れたよ

20180205 5


さらには空音ちゃんの

20180205 6





そして、トリはそらくん

20180205 7




そらくんと言えば

妹のうみちゃんがいるんだけど

20180205 8




この二人、超仲良かった

20180205 9


気がついたらこうして二人で走り回ってる


20180205 10

たのしそー♪






大体誘うのはそらくんからっぽい

20180205 11


兄妹仲良きことは美しかな



さらに、兄妹といえばこのお二人も今回走ってました!

20180205 12


真冬琉くんが走ってるぅ!!!




真冬琉くんといえば、こんなふうに

20180205 13

おとなしーく飼い主さんの側にいるタイプだったのに




はしってるよぅぅ!!

20180205 14

よきかな





そのころ、こちらの姉妹も

20180205 15

20180205 16


どうやらフリスビーを取り合っているようだ

20180205 17

どっちも頑張れー!





で、この姉妹の下にはこんなかわいこちゃんがいる

20180205 18



まだ生後三か月のパピパピっ子♡

20180205 19

きゃわゆい♡




なぜかRAKUTOのことをお気に召してくれて

っていうか、ひもが気になったようで

20180205 20

めっちゃ構ってくれた♡



よしよし、存分に遊ぶがいい

20180205 21

いいのだよ、ハルくん

パピーが噛むのがお仕事だからね

あーきゃわゆい♡




まだつづくよ♪




いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪
カテゴリ :☆おでかけ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ぶるーだらけ

 2018-02-04


1月28日にイバライドに行ったよ―の続きです


宣言した通り箇条書きで書きます(笑)





その①

珍しくゆずくんが走ってるところ撮れた


20180204 1


実は結構お会いしているけれど

あまりゆずくんが走ってるところを撮れたことがないのでした(へたくそ)


20180204 2

はっちゃけているイメージがあるけど

サッカー遊びには興味がない大人なゆずくん



はあ、イケワンだわぁ

20180204 3







その②

オメガっ子勢ぞろい



めちゃくちゃ私好みのブルーっ子

20180204 4

時雨くんという名前も渋くていい



飼い主さんに呼ばれて駆け寄ってくるところが超かわゆい

20180204 5



で、この時雨くん

実はショコラくんと異母兄弟

20180204 6



ショコラくんと異母兄弟ということは

イブちゃんとも異母兄弟

さらにはそるとくんとも異母兄弟だし

そるとくんとも異母兄弟ということは

そるとくんの同胎半蔵くんとも異母兄弟ということになる



こんがらがってきた




せっかく集まったので並べて撮る

20180204 7

オメガっ子勢ぞろい~

※父犬オメガくんはかわいい子犬屋さんの子です





その③

ブルーマール率高し



オメガっ子だけでなく

20180204 8

せっかくの可愛い顔がピンブレしちゃった




車を追っかけて楽しそうだった

20180204 9



ちょっぴりひかえめな男の子

20180204 10



と一緒に暮らす

20180204 11

クリプティックブルーという黒の配分が多いブルーマール

永遠と異母姉妹なのです




そして、フリスビーがお得意な

20180204 12



さらには、あのくるみちゃんと同胎の

20180204 13

くるみちゃんと同胎ということは永遠と異父兄弟の関係になる





なんかメンバー紹介みたいな感じになってしまった

次回はランランしてる写真をたくさん載せる!予定




おまけ♪



写真を改めて見返していたらこんなの見つけた

20180204 14



わかりやすくアップ

20180204 15

暴君、虎太郎君にキレる




いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪
カテゴリ :☆おでかけ トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

えほーまき

 2018-02-03

イバライドのオフ会の途中ですが

タイムリーな記事をお届けするため閑話休題



♢ ♢ ♢



さてはて、2月3日と言えば節分ですよ


20180203 1

邪気を払って福を呼び込む日


簡単に言うと豆まいたり恵方巻を食べたりする日だよ


20180203 2

美味しいものの気配を察するのが早い




いやいや、永遠さん、残念ながら恵方巻というのは

20180203 3

………。


なんだかんだイベント好きだし、何かしら作ってくれるんじゃないかな?


RAKUTO母が






で、夜

20180203 4

はい、予想的中です



鶏肉で野菜をまいたなんちゃって恵方巻




20180203 5

20180203 6

もちろんふぉーえばーずは大喜びでした






そんなこんなで

恵方巻を食べたけど、豆まきも仮装もしなかった我が家


鬼のお面あったけど、


20180203 9

なんか微妙な顔だなぁと思ったのはここだけの秘密





つけてみる?

20180203 10

ですよねー




永遠、どう?

20180203 11

20180203 12


見て見ぬされた





おまけ♪


ほとんど仮装させないのですが

ガチャガチャの被り物だけは安いこともあって見つけたら買ってる(RAKUTO母が)


20180203 7

ウサギの被り物を見つけたんで、早速つけられる


20180203 8


頑張れ、暴君!(笑)



当たり前だけど不評

こうして、一度だけかぶせただけでタンスの肥やしになるのであった





いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪
カテゴリ :ふぉーえばーず トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

プロフェッショナル観ました

 2018-02-02


いつもブログの記事を書いてる時間帯に再放送があったので

リアルタイムで観てました



今回の記事は多分に批判的な内容が含まれますので

読みたくない人はブラウザバックでお願いします



20180202 1






♢ ♢ ♢


この記事でとりあげた例の番組を観ました


獣医師とても良い

あそこだけ一時間特集組んでほしかった



で、訓練士のところですが

一応二回観ました

一回はそのまま普通に

二回目は音声を消して犬のボディランゲージとカーミングシグナルに注目して観ました




とりあえず、番組の構成の仕方と

いかにも人間が好きそうな美談に仕上げたナレーションだったので


これは確かに一般の人があまり知識なく見たら、感動はするかも、とは思いました


訓練士の覚悟とか信念をすべて否定する気もありません




なお、RAKUTOは行動分析学と学習理論は大学で学びましたが

それも表面だけで、動物行動学と犬語に関しては独学です



トレーナーでもなんでもなく一般素人飼い主です


学問的なことに関しては間違いがあるかもしれません





それでも批判させてもらいます



ハッキリ言って

とんでもなく、めちゃくちゃでした




動物行動学も学習理論もまったく関係ないメチャクチャなやり方





独自の理論で犬をラベリングして徹底的に犬の心を潰すやり方でした




このラベリングというのは、いわゆるレッテルみたいなものです


「本能」だから

「柴犬」だから


と決めつけて肝心の何故なのか?という原因を探っていない






「本能が抑えられないから噛みつくのだ」

とか、一見、行動の原因を説明しているように見えますが

これって、循環論に陥ってしまうんです




「本能が抑えられないから噛みつくのだ」
  ↓
なぜ本能が抑えられていないのがわかるのか?
  ↓
噛みついてくるからだ
  ↓
なぜ噛みついてくるのか?
  ↓
本能が抑えられていないからだ


こんな感じで、ぐるぐる延々と同じ問答を繰り返すのが循環論です





よく言われる

「犬が上になってるから問題行動をする」(そもそもこういうリーダー論自体今は否定されています)

というのもラベリングで、行動の理由の説明には何にもなってません

これも循環論に陥ってしまいます



だから、問題行動をなおしたいときは

いつ、どんなときに、どういうきっかけでその行動が起こるのか

犬の行動をよく観察して、何故なのか?

という原因を探ったうえで対策を講じなければ根本的な解決にはなりません




の、ですが……



この訓練士さんはそこらへんがなかったですね




噛みつく犬は本能が抑えられていないから、我慢することを覚えさせる


だから、本能がむき出しになる食事の時間にふせを要求して忍耐力を付ける


さらには、いきなりお手製の竹のムチをもって威嚇行為をして


近づいた時にエサから離れることを教えておかないといけない




とかもう、理屈が意味不明です





そもそも噛む原因探ってないし

空腹を満たすという必要不可欠なニーズをたびたび阻害するし




犬からしてみれば理不尽極まりない暴力です





さらに、問題なのはあれだけ暴力をふるっていても

なに一つ正しく正の弱化として機能してないこと



正の弱化は副作用があるから闇雲に使うのは反対!

とかそんな次元でもなかった

正の弱化の副作用についてはこちらを→噛みつきに対して、体罰的なしつけが否定される理由




ふせを要求しても離れるとすぐ立ち上がる柴犬に

詰め寄って噛まれて(当然だわ)クレートから引きずり出して殴ってましたけど




正しく正の弱化を使ってふせを教えたいのならば

立ち上がるそぶりを見せた時に罰を与えないと意味がないし

それは最低限の威力で最大の効果を発揮しなければならないもの



正の弱化は適切なタイミングで適切な強さの刺激が必要なのに

あの訓練士はそれができてなかったです




基本的な学習の原理すら理解してなかった……



だから、犬にしてほしいことがうまく伝わらないし

伝わってこないから犬はなにをすればいいのかわからないんです

なにもわからないのに暴力を振るわれる



結果、学習性無力感をひきおこして噛み犬を大人しくさせている

学習性無力感についてはこちら→心理学用語集 サイコタム


犬から考えることを奪い去ってしまっているんです

止まない暴力の前に思考が停止した状態の犬を更正したと言っている




これがプロフェッショナルかぁ……



せめて、正の弱化をとてもうまく使いこなして

噛み犬を更正できていたらプロフェッショナルと呼んでもよかったのにな

犬に苦痛を与えるという倫理的観点から支持はしないけれど



そもそも正の弱化としての機能を持ってないしつけ方法ですが

あの番組の問題を客観的に述べているのでおすすめ→正の罰の否定、だけでは済まない問題(1/29プロフェッショナル仕事の流儀「愛犬救命訓練士中村信哉さん」の感想)




行動分析学の知識がないと難しいかもしれませんが

専門家がどこが問題なのか述べてくださっているので、こちらも参考に→https://www.facebook.com/tatsuya.matsuda1/posts/1519427718156203



最後に犬のボディランゲージとカーミングシグナルに注目して観た結果ですが


心の底から嬉しそうな犬は一匹もいなかった

全ての犬が怯え、萎縮していたし

多くの犬が暴力を振るわれないために媚びを売っていた


痛々しく胸が締め付けられる姿でした



犬語が読めなければ確かに懐いてるように見えるところがちらほらありましたけど


どの犬も訓練士に触られると身を固くし、鼻ペロ

中にはさらにクジラ目をする子もいました


ストレススマイルを浮かべている子もいましたね



怖くて怖くてたまらないんだろうなぁ


いつ理不尽な暴力を振るわれるかわからない恐怖で支配される犬の精神的苦痛はいかなものか







そういうわけで、結論から言うと


なぜ犬がそのような行動をとるのか?

根本的な原因も探らず、ただ暴力で叩き伏せて心を潰しているだけの最悪のやり方の訓練士でした



あんなん更正と呼ばん!



※正の弱化と正の罰は言葉違うだけで同じ意味です



いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます♪


【補足】

じゃあ、他にどんなやり方があるんだ!

と言う人が必ず出てくるので、

こういう訓練士がいますよというURLを貼っておきます

ブルースカイワン

liddell the dog

ワンライフサポートサービス

Sherpa Pet Service

Green Dog

D.I.N.G.O.

 〜 WAN's side 〜 犬と飼い主さんのリラックストレーニング

Ben&Pal -ベンパル

おりこうわんちゃん研究会


なお、この方がたに共通するのは科学的で人道的なトレーニングを行うということで

噛み犬専門というわけではありません

ただ、正の強化メインで噛み犬を治した方もいますので

理論的にも現実的にも叱らなくとも噛み犬の更正は可能なのです

カテゴリ :飼い主のつぶやき トラックバック(-) コメント(5)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。